相場を知り、不動産に関する知識をつけよう

高価買取を実現するには不動産会社を味方にすべき

需要と供給

マンションの相場とは

自分で住むため、投資用としてなど様々に理由でマンションを購入する方がいてらっしゃるかと思います。 そして、新しい住まいを見つけたからなどのようにマンションを売却することもあるかと思います。 出来ることなら損をしないように売却したい、大きく得をしたいと思うことはとても自然な流れであります。 その為にはしっかりと勉強をする必要があります。 まず、そのマンションの平均的な相場を調べる必要があります。 建物の築年数と立地条件、階数や管理システムなど見て導き出しことが出来ます。 他にもチラシやネットなどでいくらで売却されているか、いくらで販売されているかを見ることも出来ます。 後は売買どちらにも仲介手数料がかかりますのでそこも考えて売却設定金額を考えましょう。

売却するなら物件の価格の傾向を考える

物件は相当な条件が重ならない限り新築のときが一番価格が高額であります。 基本的な流れとしまして、新築から中古に変わるとき、つまり購入されたときが一番金額が下がります。 イメージとしては半値近く下がると思っていいでしょう。 そこから約10年間毎年約100万円ずつほど下がっていきます。 逆にそれ以降は緩やかに下がっていきます。 もちろん他にもたくさん条件で価格が下がったり上がったりします。 例えば街が発展していき、街がとても人気がでることでとても価格が上がることがあります。 これから先自分の人生設計を考えたときにマンションを売却する事を視野に入れて購入する方、またはされた方はこのように様々な情報をそろえてよいタイミングでマンションを売却されることをおススメします。

Copyright© 2015 相場を知り、不動産に関する知識をつけよう All Rights Reserved.